危険負担 ( きけんふたん )

建物の売買契約は双務契約の一部ですが、双務契約において契約締結後に、契約の目的物がその価値を減じた場合に、減少分をどちらが負担するかということをいいます。

具体的には、建物の売買契約の締結後に、建物自体が震災によって損傷してしまった場合や、自然火災によって延焼してしまった場合などが考えられます。実務上は、特約によって債務者主義を取っており、売主側が代金を請求し得ないものとして運用されるのが一般的になっています。

PAGETOP