印鑑証明 ( いんかんしょうめい )

印鑑の印影(押印した時の模様)が、あらかじめ届け出されたものと同じであることを証明するたの公的書類のことをいいます。法人の代表者などは登記所(法務局)に、一般個人は市町村や区などに印影(印を押した跡)を届け出ます。

印鑑証明(印鑑登録証明書)には印影と登録者の住所・氏名・生年月日・性別(性同一性障害に配慮して記載しない自治体も増えている)を記載されています。

印鑑を押した文書の作成者が本人に間違いがないことを証明する時に使い、多額の金銭取引である不動産・自動車の売買や、公正証書、遺産相続など重要な場面で実印、印鑑証明が必要となるケースが多いです。
通常、届出をされている印鑑を実印、そうでないものを認印と呼んで区別します。

PAGETOP