勾配天井 ( こうばいてんじょう )

勾配天井とは、建築上の制限により屋根の形状が部屋の中に出る天井の傾きのことを指します。つまり勾配が付いた天井のことです。

特殊な目的のために勾配をつけ、傾きのある天井にする場合もあります。例えば浴室の天井は、水滴が流れ落ちるのを防ぐために、天井面を伝わって流れるように勾配がなされています。
また、天井の低い空間でも圧迫感を軽減する事が出来るメリットもあります。

PAGETOP