劣化対策等級 ( れっかたいさくとうきゅう )

劣化対策等級とは、住宅に使用される建材などの劣化の進行を遅らせるために、どの程度の対策がされているか評価して表示するものです。

住宅性能表示制度により、住宅に使用される建材の白蟻対策や腐朽、鉄筋の錆び対策など長持ちさせるための対策の程度を示す耐久性の等級のことです。

劣化対策等級は、以下の1~3で表示される。
等級1 建築基準法に定める対策がなされている。
等級2 約50~60年間は大規模な改修工事が不要。
等級3 約75~90年間は大規模な改修工事が不要。

PAGETOP