制震構造 ( せいしんこうぞう )

制震構造とは、地震による力を抑制する仕組みを備えた構造のことです。建物の要所にある制震装置(ダンパー)によって、地震エネルギーを吸収する対震構造をいいます。

免震構造が建物と地盤の間で地震の揺れを軽減するのに対し、制震構造では建物内で一度受けた地震の揺れをダンバーで吸収します。
超高層マンションなどで採用されることが多く、揺れが小さくなるために家具などの転倒や損傷、建物の崩壊を抑えることができます。
地盤面の状態(軟弱地盤や液状化地盤)に関係なく取り付けられるのも大きな特徴です。また、免震構造ほどメンテナンスを必要としないというメリットもあります。

PAGETOP