免震構造 ( めんしんこうぞう )

地震の際に建物の揺れ自体を軽減するような地盤と建物の間に緩衝体を持った構造のことを免震構造といいます。

建物と地盤との間に、積層ゴムなどの部材を入れた免震層を設け、地震の力を免震装置で吸収し、地震の揺れのエネルギーを建物上部に伝わりにくくする工法です。
地震によって地盤が早く激しく揺れても、建物は地盤の揺れに追随せずゆっくり動くために地盤から地震力を受けず、建物はほとんど損傷を受けません。地震に強いだけでなく、揺れそのものを軽減することで建物はほとんど損傷などの被害を防ぐことができます。

PAGETOP