元金均等返済 ( がんきんきんとうへんさい )

元金均等返済とは、毎回の返済額を元金を均等割にした額と利息の合計とする住宅ローンなどの返済方法のことです。
毎回の返済額が同じ額になる元利均等返済より支払い総額は少なくなります。

支払開始当初は月々の返済額も多くて大変ですが、借入金残高の減少にともない、利息分の減少ペースが早いので、返済が進むにつれて毎月返済額は減っていきます。将来の教育費などがかからず、比較的多くの資金を返済できる人に向いているといえます。

PAGETOP