停止条件 ( ていしじょうけん )

将来にわたって発生するかどうかが不確実な事実がある場合に、その事実が発生することを法律行為の効力発生の条件として契約締結を行う場合、その条件を停止条件といいます。

停止条件という名前ではありますが、この条件が成就(事実が発生)した場合に効力が発生するという条件で、法律行為の効力を停止するものではありません。
一定の事項が発生するまで、法律行為の効力発生を停止しておく条件ということです。

条件を満たすと効力が失われる(=契約が解除される等)場合の条件は解除条件といいます。

PAGETOP