中間金 ( ちゅうかんきん )

中間金とは、売買契約や建築請負契約が成立した後に、売買代金の一部として買主から売主へ交付される金銭のことです。内金の一種です。

中間金が発生するのは戸建ての新築物件のように契約から実際の引き渡しまでの期間が長いケースがほとんどで中古物件や建売住宅では手付金のあと、物件の引き渡し時に残金の支払いを行うという2段階での支払いが一般的です。中間金を支払う時期も売り主と相談で決めることが多く、新築住宅の場合では上棟時に支払うことが多いようです。

PAGETOP