不動産取得税 ( ふどうさんしょとくぜい )

不動産所得税とは、登記の有無、有償・無償の別、期間の長短を問わず、土地や家屋を売買、贈与、交換、建築(新築、増築、改築)の所得にたいして課税される普通税のことです。

不動産を取得した人に課される税金であり、市町村が毎年課税する固定資産税と違って、不動産を取得した時に一度だけ納める都道府県税です。不動産取得税の税率は原則、4%ですが、「平成21年(2009年)3月31日まで」に取得した不動産(土地、住宅)の場合は、3%となっており、また一定の条件を満たせば、不動産取得税の軽減が受けられます。

PAGETOP