ベークアウト ( べーくあうと )

ベークアウトとは、一般的に住宅の新築工事やリフォーム工事の完了後に行い、VOC(揮発性有機化合物)濃度を下げるため強制的に放散させ室内の空気汚染物質の濃度を低減する手法のこと。

ホルムアルデヒドやVOCなどの有害な化学物質などは温度や湿度が高いほど揮発しやすくなります。そこで、部屋を閉めきって室温30度以上の長時間高温に保ち換気するといったサイクルを繰り返していくことでVOC(揮発性有機化合物)を抑制させます。しかし、ベークアウトの効果にはまだ議論があり、過度に行うと建材が劣化するデメリットもあります。

PAGETOP