スレート葺 ( すれーとぶき )

屋根の葺き方の一種で、セメントを主にして成型したものです。スレートは薄くて軽いので、建物に負担がかかりません。また施工がしやすく、耐久性にもすぐれています。

屋根材料は玄昌石のような粘板岩を用いた天然スレートと、人工的につくられた住宅屋根葺き用スレート(石綿スレート、無石綿スレートなど)があり、一般的には後者を指す場合が多いです。

スレート材は約10年経過すると塗装膜が劣化してしまい、雨を吸うようになります。これは雨漏りの原因にもなるため、約10年で塗り替えが必要となります。

PAGETOP