コンクリート打放し ( こんくりーとうちっぱなし )

コンクリート打放しとは、生コンクリートを木材で組み立てられた型枠に流し込み、固まったコンクリート面に手を加えず、打ち上がったそのままの状態の仕上げとする手法のことです。

打放コンクリートや単純に打放しとも表記されます。仕上げ面に割れ、ジャンカ(骨材が見える状態)、汚れ、凹凸面が出ないよう型枠の精度を良くし、密実なコンクリートを打つために、突固めやバイブレーター等で十分振動を与え、また鉄筋保護のため、かぶりを増すなどの仕上げがしてあります。

PAGETOP