グルニエ ( ぐるにえ )

グルニエとは、フランス語で屋根裏部屋のことです。収納スペースにしたり、書斎やアトリエなどに利用が多く、2畳~3畳以上のものがよく見られます。

グルニエは、建築基準法により、面積や天井高に規制があります。具体的には、小屋裏の面積は、すぐ下の階の面積の2分の1以下であり、天井の高さは1.4m以下とすること。小屋裏に出入りするためのハシゴは固定式でないことなどです。そのため、取り外し可能なはしごをかけたり、折り畳んで収納できるタイプのはしごを取り付ける場合が多いです。また、グルニエは、断熱性や風通しが悪いことがあるので、快適に使用できるよう、換気対策、断熱性の確保が必要です。

PAGETOP