ガルバリウム鋼板 ( がるばりうむこうはん )

ガルバリウム鋼板とは、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン(ケイ素)1.6%の合金を用いた、アルミ亜鉛めっき鋼板です。

耐食性、加工性、耐熱性、熱反射性に優れたアルミニウムと、犠牲防食機能を持つ亜鉛の特徴を組み合わせたことにより、従来の亜鉛めっき鋼板(一般的なトタンなど)に比べ、3~6倍の耐食性と優れた耐熱性・熱反射性を持つと言われています。特に、海岸地域や酸性雪・酸性雨による腐食の防止が期待できます。1972年にアメリカのベスレヘム・スチールが開発しました。
日本の住宅では、建物の外壁や屋根などに使用されることが多い素材で、一般的なトタン屋根(亜鉛めっき鋼板)に比べて4倍の防錆性を持ち、日本瓦の1/6の軽さであるため耐震性にも優れているという特徴を持っています。

PAGETOP