オール電化住宅 ( おーるでんかじゅうたく )

オール電化とは、家中で使うエネルギーを、すべて電気エネルギーでまかなう住宅のことです。特にガスを使う調理、給湯、冷暖房システムを全て電気器具に代替することです。

高気密住宅でのオール電化は、ガスや石油などに比べて屋内で高温の燃焼ガスを発生させないという点からクリーンで安全とされるため、高層マンションなどでも導入が進んでいます。家庭内ではエコキュートやIHクッキングヒーターに囲まれた生活になり、安全性が高く、環境にも優しいといわれています。メリットが多い半面、デメリットとしては初期の導入費用が高いこと、貯湯タンクのための広い設置場所が必要なこと、停電時の心配、電磁波の人体への影響などがあります。

PAGETOP