オーナーチェンジ ( おーなーちぇんじ )

オーナーチェンジ(Owner Change)とはマンションや戸建住宅などを投資目的で購入して賃貸しているオーナーが、賃借人が入った状態で、所有権を他の人間に売却することをいいます。

入居者から見ると家賃が変わることのみで契約の変更等は必要なく、購入者にとっても入居者を募集する手間が省け、すぐに家賃収入が約束されているため「オーナーチェンジ物件」という言葉は売り文句として語られます。
近年では投資用として人気を集めていたワンルームマンション等を中心に、オーナーチェンジの事例が増えています。満室稼動のアパートやマンション一棟であれば、すぐにはリフォームの必要もなく、非常に魅力的ということがいえるでしょう。

オーナーチェンジでは物件を購入したその月から家賃収入は確保されるというメリットがありますが、現在の入居者が物件購入後すぐに退去されるというケースもないわけではありません。その場合には敷金や保証金の返還義務も引き継ぐ、というデメリットもあるので注意が必要です。
満室稼動物件といえども、未来永劫満室が約束されているわけではないので、常に空室リスクというのはつきまといます。やはり立地や建物についても確認しておく必要は欠かせません。

PAGETOP