品川、大田、目黒、世田谷区の不動産HOME > 住まいの相談室 > 売るとき > 売買契約-不動産売買契約時に必要なもの

売買契約-不動産売買契約時に必要なもの

不動産売買契約を結ぶときは、以下のものが必要となります。

売主様(売却依頼人)

・土地、建物登記済証(提示)
・実印(共有の場合各々)
・印鑑証明書(3ヶ月以内発行のもの)
・固定資産税等納税通知書
・建築確認通知書、検査済証
・前面道路の登記簿謄本実測図、建築図面、建築協定書等
・付帯設備表
・物件状況等報告書
・売買契約書貼付印紙(売主による)
・権利書
・身分証明

買主様

・印鑑
・売買契約書貼付印紙代(売買金額によって異なります)
・手付金(現金か預金小切手かを事前に確認しておきます
・仲介手数料の半金(別途消費税および地方消費税額が必要です)
・源泉徴収票または確定申告書の写し
・住民税決定通知書または納税証明書
・身分証明

不動産売買契約前にしておきたいこと

売買契約に売主様にしておいていただくと、契約がスムーズに運びます。

敷地の境界の明確化

土地・一戸建ての場合、境界杭などがない場合、新たに測量して敷地の境界を確定が必要となる場合がありますので、事前に確認して明確にしておきましょう。

住宅ローンの残金の確認

住宅ローンの借り入れがある場合は、借り入れの残債額を金融機関に確認しておきましょう。

付帯設備の確認

エアコンなどの諸設備を付けるのか、物置や庭石・庭木などをどうするのかを決めておき、トラブルにならないようにしておきましょう。

未公開物件は無料会員登録でみつかります!

早速ログイン!

1.3500件以上の未公開物件を掲載しています。
2.ご希望のお客様には弊社独自の未公開物件速報をメール配信。
3.登録は30秒、面倒な条件入力はありません。

その他、売却やローンのご相談はこちらから

【フロンティアホーム ホームページ】をご覧のみなさまへ
株式会社フロンティアホームは未公開物件含め多くの不動産物件を取り揃えております。他エリアとの比較で評判の高い、品川区、大田区、目黒区、世田谷区、渋谷区、港区の不動産・一戸建てなど、城南での実績が多くございます。住宅ローンの審査や契約も提携先銀行がございます。また、長期優良住宅・フラット35S対応住宅・制震、免震、耐震構造の住宅、地盤調査済の物件も数多く取り扱っております。東急目黒線、東急東横線、東急池上線、東急大井町線、東急田園都市線、JR山手線、JR京浜東北線、京急線、都営浅草線などの物件購入・不動産売買はフロンティアホームにお任せください。

PAGETOP